“The Re-Invention Tour”体験記 by TONYさん

僕とNYに一緒に行ってくれたTONYさんから(やっと)レポートいただきました。
僕とは全く別な視点から書いてあるのでいろんなことを思い出しながら
面白く読ませてもらいました。

このNYは、僕にとって一生の思い出に残る旅になりました。
そんな旅に一緒に行けて嬉しく思っています。そして感謝!
どうも有り難う。TONYさん。


管理人nobu君とNY公演を伴にしたTONYです。

とっくに過ぎたNY公演のことを何故今になって?
答えは2つ。

@今回の体験は、記憶の中に留めておけばいいか、とずっと思ってきたけど
記録に残すことも記念かな、と。ましてや友人のサイトだし。

A実は、ヨーロッパ公演に行くことも検討していた。
会社を休めないので、0泊4日のオリンピック野球観戦「弾丸ツアー」じゃないけど
週末を利用した1泊4日で強行しようかと。
その後にでも・・・と思っていたけれど、
結果1日も休めないということで断念することに。

というわけで体験記、といってもレポートはnobu君がアップしてるので
コンサートそのものの感想というより、それに関連することを
日記的な感じで記録したいと思います。 
長文ですが、おつき合い下さい。では・・・


思えば3年前、LA公演へ向けての出発は9/13だった。
あの事件で、それは夢と消えた。
そのリベンジを果たす時を心待ちにしていたが、正直こんなに早く
やってくるとは思っていなかった。
ツアーの日程が発表されてから、チケット発売まで期間が短かったよなー。
最初に発表されたのはわずか10数公演。後に追加追加は予想してたけど、
万一追加が無かった時のことを考えると、何がなんでもこの日程の中の
どれかを押さえておかないと。

深夜のnobu君との電話にて、何度となくどの公演にするかを検討し、
発売日当日の電話にて、NY公演にすることに決定。
実はNY公演の時期が、一番仕事が休みづらい時期だったことなんて
すっかり頭の中から消えてしまっていた。

一足早い時間に発売していたパリ公演のチケットを、
衝動的に買ってしまったnobu君。
「ついつい買っちゃった」電話越しのnobu君が微笑ましかった(笑)
数時間後に発売のNY公演のチケット購入に向けて一旦電話を切る。
チケット手配はnobu君に任せて(感謝!)とれたかどうかの返事を待つ。

無事購入できたという電話の向こうで、なにやら不安げなnobu君。
「慌ててチケット発送をアメリカ国内にしちゃったよー」
後にこれが大変なことになった様は、nobu君の体験記を参照してね。
そんなことより、購入できた席番号をお互いMSGのサイトの座席表で確認。
奇跡的に良い席だったことで、お互いこのうえなく興奮していた。

それから実際に出発するまでの約2ヶ月半の間も、
深夜の電話を何度したことでしょう。
ある時、当日どんな格好して行くかの話になった。
衣装で自己満足に浸るのもいいが、それよりも、折角MADONNAの目にも届くくらいの
席だから、日本人であること、日本からも来てるよー!ってことを
アピールしようということで、日の丸扇子を振りかざすことに決定。
そんな一見ダサイともとれる行動だけど、
当時はそんな事も真剣に語っていたんだなと思うと何だか笑える。

それから出発までの間には、チケット問題などが発生していました。
詳細はnobu体験記にて。

いよいよ出発当日、成田で待ち合わせ。
お互い興奮してテンションが・・・のはずが、
寝ずの出発のためかテンション低い低い(笑)
現地の空港に着いたあたりから、徐々に興奮してきたかな。
nobu君と同じく、入国審査の際の目的質問で、マドンナのコンサートだと答えたが、
nobu君とは違い、ボクんとこの審査官は無反応、というより恐い顔。まったく何さ!


ホテルに着いてからの行動はnobu君体験記にて。

いよいよNY公演初日です。
nobu君の知り合いとも会場前で無事遭遇でき、グッズは明日にまわし、いざ中へ。

コンサートが始まる前の何とも言えない緊張感がたまらない。
そしてついについに始まりました・・・
コンサートそのもののレポートはnobu君体験記を見て下さい。

ボクは、MADONNAばかり追っていたので、スクリーンの映像や
DONNA,SIEDAHさえも目に入っていませんでした。

コンサートが終わった虚脱感と、冷めやらぬ興奮とが入り交じったまま、
nobu君の知り合いとともに夕食をとることに。
その日の晩に、MADONNA NIGHTらしきクラブイベントに出かける予定だったが
一旦ホテルに帰り、ベッドに横になるとそのまま寝てしまっていた。残念。

NY3日目、コンサートの2日目です。
昼間は、買い物がてら街をブラブラ。
そして、NYにもmaverickオフィスがあったはず、とCDの裏ジャケのクレジットに
記載してある住所を頼りに探すが、どうにもこうにも見つからない。
この辺かと思われるビルに片っ端から入り、やっとの思いで探しあてたビルは
何てことはない殺風景な外観真っ黒のただのビル。
しかもmaverickではなくwarnerだったらしい。
ビルの中に入って、この際warnerでもいいや、オフィスの入り口まで行けば、
壁にポスターでも貼ってあるかも!入り口で記念撮影を、なんて目論んでいたが、
いかついフロントマンによりそれも実現できず、仕方ないからビルをバックに
記念撮影。いいのいいの、それも記念(笑)

そしてNY公演2日目。
まずは、会場入りする前にグッズを買い込み、買ったグッズを置きに一旦ホテルへ。
グッズ選びって至福の時。お金は飛んで行くけど(汗)

昨日はMADONNAだけを追ってしまい、周りがちっとも目に入らなかったので
今日は冷静に全体を、と思っていたんですが、やっぱりMADONNAしか
目に入りませんでした・・・反省。

2日目のコンサートのあと、これで見納めかぁ・・・という切ない思いがこみあげる中、
昨日のnobu君の知り合いと再び夕食をとることに。
話がはずみ、どんどん過ぎてゆく時間。みんな明日帰国するが、
今からホテルに帰って寝たら起きられない。機内で寝ればいいから朝まで起きてよう!
という結論のもと、営業時間が終わったcafeを追い出された後は、
ホテルのロビーが会議室。

そのnobu君の知り合いとはすっかり意気投合して、
帰国後も電話やメールで仲良くさせてもらってます。
MADONNAを通じて新たないい出会いがまたひとつ生まれたのでした。

こうして、ボクのNY公演体験は幕を閉じました。

今回のショーはホント、「惚れた」この一言につきる内容でした。
欲を言えば、Material GirlじゃなくてDress You Upが聞きたかったな。
ボクが彼女の虜になるきっかけになった、思い入れのある曲だから。

きっと、このサイトを訪れる方の中には、まだまだ今回のツアーを
体験した方がたくさん居ると思います。
それぞれの思いを是非皆さんも、このサイトに残してみては!

最後に、全てのMADONNAファンに・・・PEACE!!

TONY


“re-Invention tour”体験記TOP